lex8201090x390.png mtt690billborad1090x390.png fibra.one-billborad1090x390_20191209152025641.png ifss1090x390.png tls8501090x390.png img20200319121408621007.png img20200424181846442210.png img20200319123459778551.png

毛髪自動引張り試験機 MTT690

主な特徴

 
引張試験機の冶具

最大100本まで自動で引張り試験・解析

1本1本の繊維・毛髪の試験を正確に短時間で行わなければならないユーザーのリクエストで開始されました。 1本1本の試料が増えるに伴い時間と労力を必要とします。作業の多くは単純であり、長時間の作業は時として疲労によるミスを引き起こします。MTT690の自動サンプル機構はこれらの多くの問題を解決します。
 
● 自動式MTTシリーズの最新型
● オートメーションで最大100本を自動連続測定・試験
● サンプルのマウントから解析まで統合されたシステム
● 真鍮製固定具の採用で煩雑なチャッキングを解消し直径測定からの試料を使用可能
● 測定データは自動的に専用ソフトで記録・解析
● 個別試料の物性試験データを直径データとリンク可能
● 大幅な試験・解析時間の短縮、省力化に

 

オートメーション

MTT690を使用すれば試料の位置きめから試験、測定データの蓄積、解析まで全て自動で行われます。しかも事前に付属カセットにロードしておいた最大100本までの試験を途切れなく行うことができます。
 
また外径のレーザーのレーザー測定を行うFDAS770と組み合わせてオートメーションシステムとして使用することで一連のヤングモジュール算出までの外径>物性測定の作業を自動で行えます。
 
蓄積されたデータのレビューや再解析は測定終了後いつでも可能です。ダウンタイムの有効活用により大幅な生産性の向上が可能です。また自動化により正確なデータ収集も可能になります。

MTT690単繊維・毛髪自動引張試験システム

高い拡張性

MTT690では通常の引っ張り・破断試験に加え、ヒステリシス曲線の解析、マイクロポンプによる液体を自動で注入後の引っ張り測定、緩和応力の自動測定、セットポリマー等の破壊強度試験等に使用するCross Adhesion Test等、様々な試験に対応します。

マイクロポンプによる自動注入

ソフト上からディスペンサー注入のタイミングや注入量を細かく設定して自動で試験を開始します。柔軟な設定が可能ですので、直径測定の後に水を注入、時間をおいて毛髪の膨潤後に引張試験を実施する等の手順が簡単に組めます。

試験・測定方法

同一被検者の毛髪引張試験結果
 
引張試験機と100本装填可能なカセット

毛髪自動引張試験

一連の測定・試験は以下の順で行われます。
1)毛髪サンプルをカセットに用意して、カセットを装着。
2)サンプルを装填アームがピックアップして、位置調整台へ。
3)位置調整後、レーザー直径測定装置へさらに移動。
4)レーザー測定装置で設定されたスポットで各々測定。
5)直径測定後、サンプルを引張り装置へ装填(最初のカセットに)。
6)引っ張り用のジグで引っ張り・破断測定を実施。
7)サンプルを排出。自動でデータを蓄積・解析。
 
本システムを含め、オートメーション化システムまでをサポートするWindowsベースの専用ソフトが同梱されます。共通プラットフォームにより高い利便性とオートメーション化でのデータの互換性を有します。試験の制御を含め、データ解析を行います。
 

文献リスト

Clarence R. Robbins (2012): “Chemical and Physical Behavior of Human Hair”; Chapter “The Physical Properties of Hair Fibers”, page 537; 5th ed. 2012, XXIII, ISBN: 978-3-642-25610-3
 
Ulrike Blume-Peytavi, David A. Whitting (2008): “Hair Growth and Disorders”; Chapter “Mechanical Test of Hair Quality (Elasticity, Strength, Fragility)”, page 142; ISBN: 978-3-540-46908-7
 
Dan Istrate, Crisan Popescu, Meriem Er Rafik, Martin Möller (2013): “The effect of pH on the thermal stability of fibrous hard alpha-keratins”; Polymer Degradation and Stability 98 (2013) pages 542-549.
 
P. Morganti, M. Palombo, A. Cardillo, P. Del Ciotto, G. Morganti and G. Gazzaniga (2012): “Anti-dandruff and anti-oily Efficacy of Hair formulations with a Repairing and Restructuring activity. The Positive Influence of the Zn-Chitin Nanofibrils Complexes”; Journal of Applied Cosmetology, 30, 149-159 (July/December 2012).
 
M.G. Davis, J.H. Thomas, S. van de Velde, Y. Boissy, T.L. Dawson Jr, R. Iveson and K. Sutton (2011): “A novel cosmetic approach to treat thinning hair”; British Journal of Dermatology, 2011 Dec; 165 Suppl 3:24-30.
 
A. O. Evans* J. M. Marsh and R. R. Wickett (2011): “The structural implications of water hardness metal uptake by human hair”; International Journal of Cosmetic Science, 2011, 33, 477–482.
 
Yin Z. Hessefort, Brian T. Holland, and Richard W. Cloud (2008): “True porosity measurement of hair: A new way to study hair damage mechanism”; Journal of Cosmetic Science, 59, 303-315.
 
J. M. Marsh, C. J. Clarke, K. Meinert, and R. M. Dahlgren (2007): “High-pressure  differential scanning calorimetry of colorant products”; Journal of Cosmetic Science, 58, pages 621-627.
 
R R Wickett, E Kossmann, A Barel, N Demeester, P Clarys, D Vanden Berghe, M Calomme (2007): “Effect of oral intake of choline-stabilized orthosilicic acid on hair tensile strength and morphology in women with fine hair”; Archives for Dermatological Research, 299(10): pages 499-505.
 
Timothy Gao (2007): “Evaluation of hair humidity resistance/moisturization from hair elasticity”; Journal of Cosmetic Science, 58, pages 393-404.
 
Sisk J. P., Harrison A. D., and Steenbeek P. W. (2000): "Effects of Bromine and Chlorine Based Biocides on Polyamide Fibre Material Utilized in Paper Machine Clothing"; 7th International Symposium for the Paper Machine Clothing Industry. 

HOME | ダイアストロン社 TOP | 毛髪自動引張り試験機 MTT690: 特長